【ドラポ】聖剣のアーサー王の評価

ゲームチャンネル始動!!

チャンネル登録お願いします!セイジゲーム

メニュー

トップページ
覚醒カード評価一覧
火属性カード評価一覧
水属性カード評価一覧
森属性カード評価一覧
スキル別おすすめ子分一覧〔アタッカー〕
 
聖剣のアーサー王【火属性】

聖剣のアーサー王のステータス
コスト 37 最大HP 3206
最大攻撃 1222 最大防御 1702
種族 騎士 スキル 防御
ランク付け
攻撃力 防御力 HP
 C AAA AAA
親分スキル:エターナルキング
確率で味方全体の1度だけ鉄壁&迎撃状態にし、減少効果を解除する(対象のステータス合計値がマイナスの時、鉄壁&迎撃回数を2回にする)
子分スキル:絶対聖域
親分が防御スキルの時、スキル威力25~35%up(自分を含む役カードの防御スキルの数だけ最低スキル威力+2%up)

スキルの倍率

鉄壁&迎撃状態の付与確率
level1 level2 level3 level4
60% 65% 70% 75%
level5 level6 level7
80% 85% 90%
減少効果の打消し
スキルlevel共通で50%

レベル別運用度
初級者(上級以下) 中級者(鬼級、竜級) 上級者(神級以上)
 

親分評価

《ダンジョン》

迎撃と鉄壁を同時に付与する防御カード。鉄壁で守りつつ、迎撃で相手の攻撃を跳ね返すことができるので守りつつ相手にダメージを与えることができる。1度というのが物足りないが対象のステータスがマイナスなら2度付与することができる。また、50%の確率で減少効果の打消しもできるのでピンチでは非常に重宝するだろう。

《コロシアム》

コロシアムでも防御スキルは使うようにはなってきたが、攻撃の方がやはり優先度は高い。後半、ポイントをリードしている場面ではこのような鉄壁、迎撃系も有効だが、状況に左右され、使いどころが難しい。1枚くらい入れて置くのは良いが、全体化との合体回避は必須。デュエルマッチでも大きく評価は変わらない。

子分評価

子分スキルは防御スキルのスキル威力25~35%アップと汎用性は低いが、威力は高い。役カード次第で最低スキル威力も上昇し、防御子分ならトップクラスだ。ただ、防御カードにスキル威力はそこまで必要はなく、回復やバフ付きなどではないと意味がない。優秀だが、防御限定なのがかなり幅を狭くしている。

総合評価

親分スキルは迎撃系の防御カードで、防御が有効なボス戦では非常に有効。減少効果の打消しも汎用性が高い効果なので活躍できる場面は多いだろう。子分スキルは防御スキル縛りがかなり使い難い。ただ、威力は優秀なので回復持ちやバフ持の防御カードには非常にお勧めだ。

お勧め子分 お勧め度
エミリー A
ヴェステイ A
ラティオ A
アリエス B
座敷童子 B
クロノス B
ジーベック B

※お勧め度CBA

⊡せいじ君ツイッター始めました!記事や動画のアップ状況などツイートしていきます!せいじTwitterNew
⊡せいじ君YouTube始めました!ゲーム実況でドラポの動画もアップしていきます!チャンネル登録お願いします!YouTubeセイジゲームNew
 
 

メニュー

トップページ
火属性カード評価一覧
水属性カード評価一覧
森属性カード評価一覧
 

お勧めカード紹介(ダンジョン編)

お勧めアタッカーを紹介『火属性』
お勧めアタッカーを紹介『水属性』
お勧めアタッカーを紹介『森属性』
お勧め補助カードを紹介『火属性』
お勧め補助カードを紹介『水属性』
お勧め補助カードを紹介『森属性』
 

お勧めカード紹介(コロシアム編)

お勧めアタッカーを紹介『火属性』
お勧めアタッカーを紹介『水属性』
 

スキル別最強決定戦!

補助
回復系最強カードを紹介!New
合体系最強カードを紹介!New
バフ系最強カードを紹介!New
デバフ系最強カードを紹介!New
 
アタッカー
突スキル最強カードを紹介!New
斬スキル最強カードを紹介!New
爪スキル最強カードを紹介!New
咬スキル最強カードを紹介!New
 

ステータスランキング!

HPランキング
攻撃力ランキング
防御力ランキング
 

覚醒関連

覚醒カード評価一覧
覚醒で最も化けたカードは?(アタッカー)New
覚醒で最も化けたカードは?(補助)New
 

状態異常別カード一覧

暗闇付与持ちカード一覧
怒り付与持ちカード一覧
混乱付与持ちカード一覧
麻痺付与持ちカード一覧
封印付与持ちカード一覧
睡眠付与持ちカード一覧
誘惑付与持ちカード一覧
 

セイジゲーム攻略サイト!

エレスト文字画像tttt   tdhhyfjhyrfj   bgdbgfnf    

広告

コメントを残す

サブコンテンツ

広告

このページの先頭へ